要介護認定をされるまでの流れメインイメージ

認定されると介護保険が適用されます。

体が衰えてきても、できるだけ人の手を借りたくない・・・できることなら、今までと変わらない日常生活を送りたい。と思いますが、近年では高齢化ともあって、在宅サービスや介護施設を利用する高齢者が年々増え続けています。40歳以上の方はすでにご存知だと思いますが、40歳になると介護保険の保険料の支払いが義務付けられます。介護保険の実施主体は市町村で、市町村は保険者として保険料と公費を財源として、介護保険事業を運営しています。家族や自分が介護サービスを利用することになったとき、介護保険の認定を受けると、費用を補助してくれますが、どこでどういった手続きをするのか、受給資格は何歳から?など、まだまだ知らないという人も多いかと思います。介護保険の受給者は、65歳以上の介護が必要な人、40歳~64歳までの特定疾病の介護認定を受けた人に費用を補助してくれます。ですが、何もしなくても費用を補助してくれるわけではありません。介護保険の給付を受けるには、申請の手続きをし、要介護の認定を受けなければなりません。こちらのサイトでは、要介護認定をされるまでの流れについてご紹介をします。これから介護サービスの利用を考えている方は参考にしてみてください。

  • 要介護認定の手続き

    一言で介護サービスと言っても色々で、介護保険適用のサービスを受けるには、介護保険法でサービスの種類や利用条件に制限があります。また、利用するためには、要介護・支援の申請をし、なおかつ要介護認定を受けなければなりません。さまざまな手続き、審査や更新などをしなければなりませんが、要介護認定を受けると、所得に応じて1割~3割の自己負担でサービスを受けられるので、費用が心配な人でも安心してサービスを受けられますが、介護サービスはサービスを受けようと思ってもすぐに利用することができません。申請してから利用できるまでには数か月ほどかかるので、その間のケアをどうしていくのかを家族で話し合っておくと良いでしょう。

    要介護認定の手続き

  • 要支援認定申請書

    介護保険のサービスが必要となった時は、いつでも申請できます。要介護認定を受けるために、まず住んでいる市区町村の窓口で要介護認定の申請をしましょう。介護認定の手続きの際、家族が介護保険適用のサービスを利用したいと思っていても、本人がスムーズに受け入れられる場合もあれば、他人に介護されることに抵抗を感じる人も中にはいます。そのため、手続きがなかなか前に進まないといったこともありますので、そんな場合、どこに相談をしたらいいのか、また、本人が入院していて申請できないときはいったいどうしたらよいのかなど、いざ申請をすることになったときに色々な問題がでてくることがあるかもしれません。スムーズに申請を進めるためにもこちらを参考にしてみてください。

    要支援認定申請書

  • 訪問調査

    初めて申請をされる方は、「訪問調査っていったい何?」「どんなことをするの?」とちょっと不安になりますよね。要介護認定の申請をしただけでは、介護サービスを受けられないことはすでにお分かりいただけたと思いますので、こちらでは申請後の訪問調査について解説していきます。申請が受理されると、調査員が本人に訪問調査をします。これはどのような介護サービスを受けられるのか判定するための調査資料になります。その他にも主治医の意見書が必要になりますが、訪問調査時の受け答えも判定に関わってきます。介護サービスを必要としているのに、家族の予想よりも軽い介護度の判定が出ることも十分あり得ますので、どんなことに注意したらよいかこちらを参考にしてみてください。

    訪問調査